響きの庭Ⅱ

2017
五重奏: ファゴット5
13′

拍子や秒数などのような、ある決まったひとつの基準に定められた単位によるのではなく、5人の奏者がお互いの音を認知することにより成立するアンサンブルを目指した作品です。奏者は自らの音を奏する際は常に「その瞬間の音あるいは間(休止)」に依存しており、5人のなかには中心となる存在は無くなり、対等となります。
曲の構成として大きく二つに分けると、前半は〈テーマと4つのバリエーション〉、後半は〈ゆらぎと共鳴〉となります。
前半の〈テーマ〉とされている部分では、ひとつひとつの音は独立しており、前後の音との能動的なつながりは、音の発せられるタイミングという点以外にはまだありません。そこから、〈4つのバリエーション〉を通じて、1つのパートの中でのつながりから、さらに他のパートへのつながりへと発展し、有機的なメロディを形成していきます。
打ち寄せる波のようにパターンがくり返される部分から、〈ゆらぎ〉が始まります。ただし、パターンごとに、奏者はいくつかの音あるいは休止から毎回選択するように設定されており、それによって生まれるハーモニーは偶然性を帯びます。
そして最後の〈共鳴〉では、断片的なメロディが複数のパートで奏されますが、このメロディの形や長さはパートごとによってわずかに異なり、その「ずれ」が音色のグラデーションを生み出します。最後に全てのパートがA音に収束し、曲が閉じられます。

楽譜サンプル

演奏履歴

2017年10月8日: Ensemble Spherable 演奏会 (初演)